精力剤サプリ大百科

ED治療薬を個人輸入で買うメリットとデメリットについて

今では、ED(勃起不全)治療薬をインターネットで購入する方が非常に多い時代になりました。

しかし、インターネットで販売されているED治療薬のほとんどは「個人輸入」という方法で購入することになります。

初めての方は、個人輸入がどんなものなのか?など不安要素はたくさんあると思います。

この記事を読めばED治療薬を個人輸入する際のメリットとデメリットが分かります。

ED治療薬の個人輸入とは?

主なED治療薬には「バイアグラ・レビトラ・シアリス」がありますが、一般的に知名度があるのはバイアグラではないでしょうか?

ここでかんたんにそれぞれの特徴を見てみましょう。

バイアグラの特徴は、服用してから30分~1時間くらいで効果が現れ4~6時間程度持続します。

レビトラの特徴は、バイアグラよりも効き目が早いく即効性に優れているところです。

シアリスの特徴は、バイアグラ・レビトラの持続性は数時間ですが、シアリスは24時間持続するところです。

このようにED治療薬は、EDで悩まれている方には非常に有効な医薬品となっています。

しかし、日本ではED治療薬を入手するには医師の診断を受けて処方箋を出してもらわないと入手することができません。

EDの悩みをもつ多くの方は、病院へ行って診察を受けるのに抵抗がありますし、まわりの人に知られたくないという想いが非常に強いです。

そこで、インターネットを使い個人輸入で購入する方が増えているのです。

ED治療薬の個人輸入とは、医薬品であっても医師の診断や処方箋がなくても個人で使用することを目的で購入することができます。

個人輸入のメリットについて

先程も少し説明しましたが、ED治療薬を個人輸入する最大のメリットは「医師の診断・処方箋なし」で購入することができるところです。

病院とはいえ、自分がEDで悩んでいることを説明するのはとても精神的に負担になりますし、知り合いに会ったらどうしようなどの心配もしてしまいます。

その点、インターネットを使って個人輸入での購入ならば誰にも話すこともなく会う心配もありません。

その他には、日本ではED治療については保険適用外になるため診察・薬が高額です。

例えば、バイアグラ1錠につき約1,500円~2,000円が相場となっています。

ED治療薬を服用する方は、長期間服用するので経済的にとても負担がかかります。

個人輸入を利用すれば、ED治療薬代と送料・手数料だけで経済的にも軽減できます。

ちなみに、送料・手数料が無料のところもあります。

また、安価なジェネリック医薬品もありますのでED治療薬をもっとお得に購入できます。

そして、日本でバイアグラを服用できる一回量は25㎎か50㎎と決められていますが、海外では100㎎までが通常の服用量となっているため、100㎎までのバイアグラを購入できるメリットもあります。

100㎎で多ければ半分にして服用すれば経済的にも安く済むところもメリットになります。

経済的に安く済むメリットについて、少し詳しくご説明します。

為替の影響もあるのですが、個人輸入でED治療薬(バイアグラ100㎎1箱4錠入り)を購入した時の価格7000円前後です。そのため、100㎎1錠が約1800円ですが、半分にすれば50mg900円です。

日本で50mgのバイアグラ1錠が2000円前後なので、個人輸入は病院で処方してもらうのと比べて約半額でバイアグラが購入できます。

個人輸入のデメリット

ED治療薬を個人輸入で購入するメリットを紹介してきましたが、メリットがあればデメリットもあります。

メリットだけをみれば、個人輸入はお得で手軽に購入することができるので確かに多くの方が利用していますが、個人輸入が初めての方は特にデメリットも知っておきましょう。

インターネットでED治療薬を個人輸入するときに、一番気を付けなければいけないのは「偽造品」です。

個人輸入のデメリットは、実際に商品が届いて試してみないと偽造品ということがわかりにくいところです。

偽造品は、服用しても効果はないですし、何を使って製造されているかもわからないため偽造品の購入は避けたいところです。

日本のED治療薬を販売している製薬会社の実地した調査によると、インターネットで販売されている約50%の製品が偽造品であることが判明したことを報告しています。

偽造品の購入を避けるには、正規品を販売している業者を探しだす必要があります。

ネット検索で、信用できる口コミや偽造品の口コミなどを調べて正規品を販売している業者を見つけましょう。

今では、信用できる口コミサイトがありますので、初めての方は特に情報収集をしっかりとしてから個人輸入をして下さい。

まとめ

ED治療薬を個人輸入で買うメリットとデメリットについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

メリットは、わずらわしい医師の診断や処方箋が必要なく手軽にしかも安価で購入できることです。

デメリットは、多数の業者が偽造品を扱っているため偽造品を購入しないように注意が必要なとこです。

デメリットさえクリアできれば、EDで悩んでいることを誰にも知られずに治療に集中できて、日本で処方して
もらうよりもはるかに安価で購入できるので経済的にも節約できメリットだらけの個人輸入はおすすめです。

ED治療薬は医薬品ですので副作用があります。

しかし、精力剤は過剰摂取などを除いて基本的には副作用はありません。

身体への負担が懸念される副作用がなく、精力アップをされたい方は当サイトで紹介している精力剤サプリの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

管理人イチオシの精力剤

マカDX

管理人イチオシの精力剤「マカDX」。

ペルー原産の高品質な「有機マカ」をメイン配合した、副作用のない精力剤。

とにかくコスパが優秀で、1度でいいから試しておきたい精力不足に悩む中高年男性の必需品!

おすすめポイント

  • お客様満足度96.4%の安全かつ効き目を実感しやすい精力剤
  • 「有機マカ」に4つの精力素材を配合してギンギンMAX
  • 1袋1,080円(送料込みで1日たったの41円)となる初回半額キャンペーン中!

マカDXを詳しくみる

おトクに購入するならコチラ!